BusTraveler

みんなとHappyに過ごす日帰りバスツアーと気になるマナー

守りたいバス内でのマナー

バスの車内

車内での飲食

日帰りバスツアーでは、実際にさまざまな飲食店へ足を運びます。もちろん店内での飲食がメインとなりますが、中にはお土産を購入する人もいるでしょう。そのままお持ち帰りするには申し分ありませんが、車内で食べるなら一度見直してみて。
隣の席にまで匂いが漂うものではありませんか?特に、干物などは強烈な匂いを放つものもあるので周りへの配慮が大切ですよ。
日帰りバスツアーの行程の中では、トイレ休憩も兼ねてサービスエリアに立ち寄る時間も含まれています。そのときに魅力あるグルメに心が移ろいやすくなりますが、今すぐ食べたいということならゆっくり考えて決めること。
しかし、車内での飲食自体が禁止ということではないので、目的地へたどり着くまでの間、わいわいと美味しいグルメを楽しむのはもちろんOKです!また、乗り物酔いする人は酔い防止の為にガムやのど飴を持参するといいでしょう。

会話のボリューム

普段の日常とは違う旅行中というのは、どうしてもテンションが上がるもの。身内だけで楽しむなら、会話や好きな音楽を好きなボリュームで満喫するのもいいですが、団体行動となる日帰りバスツアーではきちんと気をつけたいところ。
移動中の車内では、ガイドさんによる案内が進められますが、寝ていようと起きていようとお喋りしていようと基本は自由なものです。しかし車内は密室なので、匂い同様、耳に入る声のボリュームにも気をつけることが最低限のマナー。時間潰しの為に、とポータブルプレーヤーを持参するのもありですが、イヤホンの装着と漏れない程度のボリュームを意識しましょう。
快適な旅を楽しむ為には、大多数の人と過ごしていることをしっかり認識すること。また時間潰しをしたい人や睡眠を取りたい人はネックピローがおすすめ。首が疲れることなく、快適に目的地までの間休めます。

集合する時間

ここが1番大事なポイント。日帰りバスツアーでは綿密なスケジュールが組まれています。企画内容によっては長距離移動となるものも含まれている為、時間が押すのを避けたいところです。そんなときに集合時間に遅れてしまうと、その後の全行程に影響が出てしまいますよ。
複数ある施設へ訪れる際にも、バスに戻るべき時間をしっかり確認し、定刻通りに出発できるようツアー参加者全員で協力し合いましょう。時間のズレがないよう、腕時計とスマホとの時間の狂いの有無もチェックしておいて。

広告募集中